中部の会の活動に参加していただける方を募集しています
あなたも、食と農の安全、環境を守る活動に参加しませんか。
メーリングリストを通じて情報提供します。
講演会・GMナタネの自主調査、抜取隊・行政交渉などの活動をしています。
行政、関連機関との連携による活動を目指します。
遺伝子組換え(以下GM)とは、違う生物などの遺伝子を組み込んで、作物に本来はない性質を持たせる技術です。
 ・除草剤耐性 除草剤をかけても枯れない
 ・殺虫性    虫が食べると死ぬ

農薬を作る多国籍企業がGM作物を開発し、自社の農薬とセットで大々的に売り、世界中に広まりました。GM作物はアメリカなど大国が農業・食料支配の経済戦略として利用し、食品としての安全性はないがしろにされています。

食料自給率の低い日本では食料油の原料や家畜の飼料のダイズ、トウモロコシ、ナタネはほとんどが輸入のGM作物となっています。表示義務もないため、日本人は知らぬ間にGM作物を口にしてしまっているのです。

日本の生産者・消費者はGM作物の輸入や国内栽培に反対しており、現時点ではGM作物の国内栽培はされておりません。

種の壁を超えてGM作物をひと度自然界へ放出(栽培)すれば交雑して、遺伝子汚染が拡散することを止めるのは不可能です。日本の食と農業、さらに環境を守っていけるよう、今一度GM作物・食品について考えましょう。

遺伝子組換え食品を考える中部の会のあゆみ
1997GM作物・食品の登場に危機感を覚えた中部圏の消費者団体、食品流通関係者、生産者でネットワークを結ぶ
1998農水省・厚労省を招いてGM食品のシンポジウム・勉強会
1999モンサント社GM大豆の安全性審査資料を閲覧、書写し、点検。安全性が科学的に審査されていない問題点を発表
2000輸入の国内栽培用トウモロコシ種子のGM汚染率の調査
2001
同上検査で28検体中8検体がGM汚染、うち1検体はスターリンク(アレルギー発生で販売禁止となったGMトウモロコシ)
2002
5
愛知県が発表したGMイネ(米国モンサント社との共同研究)の反対運動を発起
7
GMイネ反対運動を全国展開
7
『ストップGMイネ全国集会in 名古屋』開催
7
パーシー・シュマイザー氏名古屋講演開催

第2回『ストップGMイネ全国集会 in 名古屋』
12
愛知県がGMイネ研究からの撤退を発表
2003
2
シンポジウム『私たちの地産池消』開催
2004
7
名古屋港、四日市港周辺のGMナタネの実態調査を開始
2005
7
シンポジウム『学校給食から考える地産池消』開催
2006
11
GMナタネの駆除活動の必要性から、
市民による『第1回GMナタネ抜取隊』開始
2007
10
シンポジウム『食の安全と自給』開催

11
第2回GMナタネ抜取隊
2008
6
『GMナタネ自生調査全国報告集会 in 名古屋』

6
第3回GMナタネ抜取隊

11
第4回GMナタネ抜取隊
2009
2
講演会『台所にしのびよる放射能』開催

6第5回GMナタネ抜取隊

11第6回GMナタネ抜取隊
20104シンポジウム『トクホって必要?不必要?』

5シンポジウム『GMナタネが広がっちゃった』

6第7回GMナタネ抜取隊

10MOP5に先立ち『プラネットダイバーシティ・プレイベント』

11第8回GMナタネ抜取隊
20116シンポジウム『食品の放射能汚染とどう向き合うか』開催

4第9回GMナタネ抜取隊

10第10回GMナタネ抜取隊

12講演会『ミツバチからの警告』開催
20125第11回GMナタネ抜取隊

9 講演と映画会『町にあふれる遺伝子組換え』
 講演:『広がる遺伝子汚染とその課題』河田昌東
 映画:『暴走する生命』

11第12回GMナタネ抜取隊
2013
4
映画と講演『回転寿司に巨大GMサーモン』

6
第13回/遺伝子組換えナタネ抜取隊

9
『環境展名古屋』に出展

11
映画と講演 未来を脅かす『遺伝子組換え』&『原発』

11
第14回/遺伝子組換えナタネ抜取隊
2014
2
名古屋オーガニック映画祭に出展

6
第15回/遺伝子組換えナタネ抜取隊

11第16回/遺伝子組換えナタネ抜取隊
2015
4
講演:除草剤まみれの大豆が食卓に
印鑰智哉氏:GM栽培国に広がる健康被害 枯葉剤
・河田昌東氏:枯葉剤GM作物輸入間近 どうなる?日本

5
第17回/遺伝子組換えナタネ抜取隊

7
遺伝子組み換えナタネ自生調査全国報告会

10第18回/遺伝子組換えナタネ抜取隊
2016
3
映画『遺伝子組み換えルーレット』と河田昌東さん講演

4
第19回/遺伝子組換えナタネ抜取隊

9
講演会:今日のランチと世界の政治 安田節子さん
〜遺伝子組換え作物が日本へ押し寄せる〜 食生活センター ビジョン21主宰
2017
3
映画&講演:遺伝子組換え栽培のワナ
 ・パーシー・シュマイザー モンサントとたたかう
 ・GMのワナ/農家から農家へ
講演:印鑰智哉(いんやくともや)氏 『GMが有機・慣行農業を駆逐する』

4
第20回遺伝子組換えナタネ抜取隊
武田良介国会議員名古屋港視察

7
GMナタネ雑種調査隊 in 三重






●年会費
個人会員:
一口 1000円
団体会員:
一口 5000円
●お振込先カンパも受け付けています
郵便振込:
12140 33565011
加入者名:
遺伝子組換え食品を考える中部の会
●他金融機関からの振込みの場合
金融機関コード:
9900
支店:
二一八 普通 口座番号:3356501
加入者名:
遺伝子組換え食品を考える中部の会
代表:河田昌東(かわたまさはる)
運営団体・個人
あいち生活協同組合
遺伝子組換え情報室
くらしを耕す会
黒  怒
コジマフーズ
さいとうまこと事務所
自治労名古屋学校支部
食と環境の未来ネット
土こやしの会
東海民衆センター
名古屋生活クラブ
バイオダイバーシティ・インフォメーション・ボックス
水原博子
道 長
NPO法人 わっぱの会

入会を希望される方は右のボタンをクリックしてください

お問合せ
遺伝子組換え食品を考える中部の会
事務局:
食と環境の未来ネット
〒461-0004
名古屋市東区葵1-14-3
TEL:052-937-4817
FAX:052-932-8234
E-mai:sk_mirainet@yahoo.co.jp
http://gm-chubu.sakura.ne.jp/