後援:名古屋市教育委員会

2023/2/4
ウィルあいち 1Fセミナールーム

ドキュメンタリー映画『種とゲノム編集の話』
上映時間:47分
KO-OK 小林大木企画制作 2021年
1996年遺伝子組換え作物が認可された時、安全性を懸念する広範な市民運動が展開されました。

消費者の関心も高まり、その結果、国内では遺伝子組換え作物の栽培はされず、表示制度が導入されて消費者の選択する権利が獲得されました。

その後、遺伝子操作を簡便にするゲノム編集技術が開発・認可され、その技術の応用は医療を始め、食品にも広がっています。

表示の必要もなく、現在、国内ではトマト、マダイ、トラフグが市場に出回っており、さらにゲノム編集食品は広がろうとしています。

ゲノム編集食品は本当に安全なのか、海外ではどうなっているのか?ゲノム編集食品の真実をこの映画と講演でみなさまといっしょに考えたいと思います。

youtube( 1:18:32)

日 程
ドキュメンタリー映画『種とゲノム編集の話』
講演 河田昌東さん『今、明らかになったゲノム編集の真実』(youtube 1:18:32)
質疑応答
ゲノム編集トマト苗配布問題について報告
遺伝子組換えナタネ抜取隊への参加呼びかけ


主 催:遺伝子組換え食品を考える中部の会
http://gm-chubu.sakura.ne.jp/
≪お問合せ≫
事務局:食と環境の未来ネット
住 所:愛知県名古屋市東区葵1丁目14-3
Eメール:sk_mirainet@yahoo.co.jp
電 話:052-937-4817
    (平日10:30〜17:30)